ffxiv_20190710_231055_514
クラフターのLV上げは鍛冶・甲冑・彫金
金物関係が一通り終わりまして、今は革・裁縫に取り掛かっている所です。
あまり費用はかけずに自給自足でやっていると中々時間かかりますね。
それで裁縫上げてる時に思ったのが、裁縫のクラフトがぶっちぎりで大変だって事です。
例えばこのピクシーコットン・クラフタースリーヴ
ギルドリーヴ大口納品用のアイテムなのですが、これには妖綿布を2枚使います。
そして妖綿布を作るには妖綿糸が3つ必要です。
また妖綿糸を作るには妖綿花が4つ必要です。
つまりこの納品用のアイテムを1つ作るのに妖綿花が24個必要な訳です。

これは大口納品用ですから、勿論1セット3つは必要です。
次のLV76リーヴを出来るようにするにはLVを2つは上げたいですから、
まあ2セットはやっておきたいですね。
すると必要な妖綿布は12枚・妖綿糸が36個・妖綿花は144個必要な事になります。
辛すぎる。これでやっとLV2~3上がるというところなんですね・・・
糸のクラフトは勿論ちゃんとスキル回して・・・といってもマクロ押すだけですが、
HQが出来上がるように作ってます。それで36個作るのは物凄く時間かかります。
金物系の中間素材は、鉱石からインゴットとかナゲットにするぐらいで
大体1回加工すれば済むんですが、布の場合は素材から糸を作ってそこからまた布に加工と
2回の加工が必要でしかも布は当たり前のように出てくる素材なんで、
中間素材を用意する手間がすごくかかるんですよね。
そういえば紅蓮の時もしんどかったのを思い出しました。

しかも裁縫の大口納品の経験値を見ると全体的に少なめです。
特に76の大口リーヴが240万程と非常に少ないですね。
他のクラスは300~400万程あるのと比べると寂しい数字です。
作るのが大変な上にリーヴの経験値も少ないという事で、
裁縫が如何に大変であるかおわかり頂けたかと思います。
お得意様・ミーン工芸取り引きは優先的に裁縫に回し、
なるべくギルドリーヴに頼らずに上げていくべきだなという感じがしました。

裁縫の中間素材は革細工のレシピに度々登場し、
同じく革細工の中間素材は裁縫のレシピに度々しており、
裁縫と革は平行して上げるのがお財布には優しいかなと思います。
ただ革も素材の調達にバイカラージェムが必要で、
FATEをやっていかなきゃいけないのでこれも中々に面倒です。
ここがクラフター上げの山場なので、どうにか乗り越えていきたいですね。
それではまた。