ヒカセンのおつ狩り様でした。

光の戦士による熱いステマ

参考になったりならなかったりする情報を発信

2019年11月

ffxiv_20191125_204358_505
最近周りから人減ったな・・・と、つくづく感じます。
そう言えばあの人ずっとインしてないなと思う事が増えました。
時間が経つにつれて周りから人が居なくなるのは
ネトゲの常とはいえ寂しいものです。
インしてない人がツイッターなどで最近FF14のモチベーションが上がらない・・・
と発言してるのを見る事もあります。
そうなるともう声をかけようが無いので、私は黙って見送ります。

新しい繋がりを求めてLSでも探してみようかと思った事もありますが、
自分自身どういう目的でLSに加入したいのかよくわからないので
所属LSはずっと増えないままです。
新しい機能であるフェローシップ
やはり自分にはどう活用するのが良いのかさっぱりわからりません。
極度のものぐさなんで掲示板一々チェックするのすら面倒なんですよね。
チャットが出来るLSの方が手っ取り早い気がしています。
フェローシップを使いこなしている人はどんなふうに使っているんでしょうか。

またFF14を始めてすぐの段階でフェードアウトしてしまう人もいます。
ある程度やってやる気でないってなったらまあ仕方ないですが、
これはちょっと勿体無いかなと思ってしまいます。
続けてみればドハマリする世界線もあるかもしれません。
まずはメインクエスト進めて、それが終わるまでがチュートリアルって感じです。
クエストは基本ソロ用なんで手伝えませんが、
IDなら誘って貰えれば喜んで行きます。正直行ってIDに同行する利益はほぼないですが、
初心者と行くIDは大好物です。ウキウキでアドバイスしたいですね。
そんな訳でいつでも助ける体勢は整っています。

以上、日々何となく思っている事でした。
布教してゲームを始めてもらうのは難しい事ですが、
そこから更に続けてもらうのもこれまた難しいものです。
なるべく定着するためにプレゼン力を高めておきたいですね。それではまた。

ふぃ
今回はPVPの1種であるザ・フィーストについて
思う所など書いてみたいと思います。
ザ・フィーストは4VS4のPVPで、恐らく最もPVPらしいPVPではないかと思います。
思いますというのは実際にやった事は無いからです。
日々のFLで大分PVPの抵抗感を薄れたと言えども、
今だにやる勇気は無いと言う所です。
どういう所なのか確かめてみたくはありますが、
PVPの零式とも言われています。ちょっと・・・いや、大分敷居は高いですね。

ザ・フィーストについて実態を掴むべくフォーラムを覗いてみましたが、
意見が参考になるならない以前に関連スレが凄く少ない。
レスをしてるのもほぼ同じ人みたいです。
FL関連スレは結構賑わっているようですが、
ルーレットもあり人口が1番多いせいでしょうか。
それからザ・フィーストはマイナスイメージが強い。
色々調べるとザ・フィーストが面白い!という人も居る訳ですが、
それでも初心者の時に☓印を付けられた、等という話が見受けられます。
何というか人口が減って困るのは参加者だと思うんですが、
何故そうなってしまうんでしょうね。

そんなザ・フィーストですが、結構前からeスポーツ化したいという意図が
吉田Pにはあったようです。
最近はそれらしい動きも無いので今はどう考えているかわかりませんが。
思えばFF14はPVPについてかなり力を入れているように感じます。
パッチ毎にPVPアクションをあれこれ調整しているようだし、
PLLでPVPについて解説する吉田Pは心なしかウキウキです。
ジョブ調整の時の難しい顔とは対照的ですね。
まあしかし・・・eスポーツ化は難しいでしょう。無理がある。
バランス云々はやってないのでわかりませんが
MMOのシステムを無理やりPVPに持ってきている感じがあるので、
公式な競技にするのはちょっと、って感じがしてます。
まぁあくまでオマケ的な要素としてなら無しではないかもしれません。

以上、ザ・フィーストについて思う事などでした。
現状だとかなり敷居が高いので、
もうちょっと気軽に遊べるようになると良いですね。それではまた。


ffxiv_20191125_212754_647
先日のFLルーレットですが、
そこでの戦術についてちょっと思う所がありました。
状況は私がウルダハ軍でリムサがリード、順位はラスで厳しい状況です。
SSを見て貰えればわかりますが、リムサ軍を叩きに行っていますね。
トップを叩くのはまあ悪くない選択肢だと思いますが、
問題はその場所。リムサ陣営の目と鼻の先です。
正直言って「いやそれは無理だろ」と私は思っていました。

一見リムサを追い詰めているように見えますが、
すぐに取り返されるのは間違いありません。
各陣営はリスポーン地点になっていて、復活後は無敵バフが付いています。
対してこちらの戦線は伸び切っているので非常に分が悪いです。
なので私は北東の双蛇党の拠点を取るべきだと判断して
そこで待機しているのですが、残念な事に味方はあまりこっちに来てくれませんでした。
何でかわかりませんが、これまでにもリムサの目の前の拠点を一生懸命攻めているんですよね。
まず近い所の拠点を制圧、維持していくのが良いと思ったのですが・・・

結論から言うと不滅隊は3位で文句なしに負けました。
基本的に拠点2つの維持を目指しつつ、
チャンスがあれば近場から取っていくのが良いのではないか?
と考えましたが思い通りには行きませんでした。
フィールドマーカーでも置いて誘導すれば良かったのかもしれませんが、
それが出来る程確信があった訳でも無いんですよね。

以上、FLの戦術についてでした。
こうすればいいんじゃないか?という案があっても、
中々連携出来る訳でもないし難しい所です。
出来れば勝ちを目指したいし、ソロでも勝率を上げられるように動きたいですね。
それではまた。


ffxiv_20191125_204932_754
ffxiv_20191125_205001_120
え~本日でピクシー蛮族デイリーの友好度が最高ランクまで上がりました。
最短なら昨日で終わってるはずなんですが、
どこかで1日取りこぼしているようです。
ピクシーのデイリーで手に入る目ぼしいものは、
ピクシーのミニオンと空飛ぶブタになります。
またランクを上げた事で入手経験値が増えていますね。
LV上げに利用している人には嬉しい事です。
ffxiv_20191125_204358_505
クエストを進めた事でピクシーデイリー用のインスタンスである
リェーメグも大分発展しました。
特別な機能はありませんので、インスタ映え
もといSS映えなスポットという事になります。
クエストのストーリーも中々良かったので、
是非実際プレイしてもらって、直接確認して貰えればと思います。
ただピクシー族というのはファンシーで可愛らしい見かけとは裏腹に、
ある種の残酷さも持っているように感じました。
デイリークエストの草人のくだりなどちょっとヒヤリとさせられましたね。

今までのパターンから言って
漆黒のデイリーはあと戦闘系が1種、ギャザクラ用が1種ではないかと思われます。
友好度を全てMAXにする事でまたエクストラストーリーも有ると思うので、
今のうちにピクシー族の友好度は上げておきたいですね。

以上、ピクシー族の蛮族デイリーについてでした。
地味に創生のトークンも手に入るし、
クエストは結構簡単なものですぐ終わるので
まだの人はやってみては如何でしょうか。それではまた。

あおま2
次のアップデートは5.15になる訳ですが、
そこでは青魔道士のアップデートが予定されています。
過去の傾向から言って、時期は次回か次次回あたりのメンテではないかと思われます。
今絶をやっている人は休むヒマも無い程でしょうが、
そうでない人はぼちぼちヒマだな~と思ってる頃じゃないでしょうか。
まさかイシュガルド復興が1週間もたないとは思わなかった・・・
まあ済んだ事を言っても仕方ないので、
ぼちぼち青魔のアップデートに備えたほうが良いのではないかと思った次第です。

まずアップデートにより青魔のキャップが50から60になります。
もうすっかり忘れていましたが、青魔のLV上げはフィールド狩りになります。
アプデ直後は恐らく多くの人がLVに行くかと思われますので、
出来ればこの流れに乗っていきたいですね。
現状まだ50になってない人は上げておくと良いかもしれません。
そしてそのLV上げではマイチョコボが役立つので、
日頃あまり使っていない人はいつでも出せるように準備しておきたい所です。

それから5.11のアップデートでは全体的にラーニング率は上がっており、
実装当初は苦行であった新生の極蛮神ラーニングが楽になってます。
制限解除無しで行けば確定でラーニングと
どこかで吉田Pが言っていた気がします。
パッチノートにはラーニング確率アップとしか書いてませんが、
実際どうなんでしょうね。
今のうちにラーニングを進めておいて、
青魔のアップデートに備えておくのも良いかもしれません。

以上、青魔のアプデの備えについてでした。
LVキャップの上昇で今後どうなっていくのか注目ですね。
LV60ならイディル装備が使えるので、それらを用意しておいても良いでしょう。
それではまた。

↑このページのトップヘ

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.