ヒカセンのおつ狩り様でした。

光の戦士による熱いステマ

参考になったりならなかったりする情報を発信

カテゴリ: 雑記

ffxiv_20200321_102959_599
私はよくFF14で「やる事が無い」と零したりしていますが、
別にFF14に飽きてつまらないとかもうやめたいとか
全然そういう事は無いんです。
FF14はMMOで覇権を取ったと言っても良いゲーム。
課金の良心的価格、約束されたアップデート
どれを取っても非の打ち所がありません。これ以上にのめり込めるゲームというと
ちょっと思いつかない程ですね。
では何故「やる事が無い」となってしまうのか?
それについてちょっと語りたいと思います。

まず1つはレベリングとかメインクエストとか
零式とかを既に全部終えてしまっているからです。
レベルは全ジョブクラス全てカンストしているので、
ルーレットを回したりギルドリーヴで納品などする必要がない。
メインクエストは全部終わっているので進めようがない。
零式は全てクリアする目処が立っているので、
練習する必要は無いし、報酬が最高の装備なので装備更新はここ以外でする必要は無い。
そんな訳でデイリーで何かやるとかそういうのがもう無いのです。

パッチ5.21で追加されましたのが
オーシャンフィッシングイシュガルド復興等などです。
ただしかし上記の理由により、これら追加要素が終わってしまうと
やる事が無い、次回のパッチでお会いしましょう。とこうなる訳です。
両方ともやりましたが、まあずっと続けられると言うほど
長持ちするコンテンツでは無かったですね。

以上何故やる事が無いとなってしまうのか?というお話でした。
勿論まだ手を付けてないジョブ・クラスがあるとか
メインがまだ終わってないのならやることはいくらでもあります。
それに私と同じような状況でもハウジングをやってみたり、
ユーザーイベントに参加してみたり、ひたすらDDをやってみたりと
FF14をエンジョイしている人はいっぱい居るでしょう。
単に私の場合はそういうのにピンと来ないと言うだけの話です。
私のFF14との付き合い方は、パッチ更新で新要素をいち早くやり
終わったら別ゲーをやりつつしばらく休止
 そうなりつつありますね。それではまた。

8672cc99
ムービー見てたら置いていかれた!
という話は前から聞く話で、今でも定期的に言われている事です。
もし私が先頭を行くタンクだったら、ちゃんと待つ派です。
初見でムービー見るのはわかるし、それぐらいなら待っても良いかなと思います。
大体置いていった人が悪く言われる事が多いようです。
ムービー見ている間くらい待てないのか、
初見に配慮も出来ないのかなんて言われますよね。まあわかります。

ただ私はムービー見ている間は待ってもらうのが当然
というのはちょっと違うんじゃないか?とも思います。
例えば24人レイドで1人ムービー見ている人が居たら、
23人は善意で待ってくれている訳です。
ムービーを見たいという人が居れば、
さっさと進めて早く終わりたいという人も居る訳です。
私は実際待ちますが、せっかちなので内心は早く来てくれって思ってます。
身内相手ならまだしも、野良相手にいつまでも待つよって言える程心が広くないんですね。

一方待たずに置いていく人に対して、
それが正しい事だって言いたい訳でもありません。
ムービースキップしてさっさとボスに突っ込むという事が多発した結果、
新生のメインクエストIDがムービースキップ不可になりました。
不可になる前にやってた事がありましたが、
進行が早すぎて始めてきた人が何が何だかわからないうちに終わる
というのがほぼ当たり前な状態でしたね。
何が言いたいかと言うと、やりすぎるとそうなる可能性があるって事です。
下手をすれば全IDでムービースキップ不可になるかもしれません。

以上、ムービー観戦者への対応についてでした。
双方歩み寄ってIDを楽しみたいものですね。
それではまた。

pict_01
どうもご無沙汰しております。
開設以来毎日更新してきた当ブログですが、
つい先日それが途絶えてしまいました。
面白おかしいテキストもカワイイお絵かきも美しいSSも無い
無い無い尽くしのウチにとって毎日更新は唯一の売りと言っても良かったのですが、
それをぶん投げる形になってしまいました。
さてそうなるに至った経緯を少しお話したいと思います。

最近私がFF14にインしてやっている事は
FLルーレット・エキルレ・モブハンをたまにやる。終わり。
要するにパッチ後半になりいよいよやることが無い訳です。
もう全部カンストしてしまったしレベルレ等もやってないですしね。
やっぱり何かしらやってないと気付きとか発見とか無いものです。
これはもう前々からこうで、ネタを捻り出しているような状態でした。
それで今後もパッチ後半はこうなるなと思い、
思い切ってぶった切った次第です。

正直言ってイシュガルド復興が一週間もかからず終わったのが誤算でした。
いくら導入部分と言えども、あんだけ勿体ぶったコンテンツ
こんなに早く終るとは思わないじゃないですか。
後は今だから言いますが、ハウジングについてはビックリする程反響が無かったので
やめました。素人のハウジングって皆興味がないという事を思い知りましたね。
ハウジングで何度か更新やっていこうと思ってたので、アテが外れた形です。

まあそんな訳でして、しばらく不定期更新でやっていこうと思います。
新パッチ直後はデイリーでやれるかもしれませんね。
更新しない所に来ていただいた方には大変申し訳無いのですが、
細く長くやっていくためにこういう形にしていきます。それではまた。

ffxiv_20191125_204358_505
最近周りから人減ったな・・・と、つくづく感じます。
そう言えばあの人ずっとインしてないなと思う事が増えました。
時間が経つにつれて周りから人が居なくなるのは
ネトゲの常とはいえ寂しいものです。
インしてない人がツイッターなどで最近FF14のモチベーションが上がらない・・・
と発言してるのを見る事もあります。
そうなるともう声をかけようが無いので、私は黙って見送ります。

新しい繋がりを求めてLSでも探してみようかと思った事もありますが、
自分自身どういう目的でLSに加入したいのかよくわからないので
所属LSはずっと増えないままです。
新しい機能であるフェローシップ
やはり自分にはどう活用するのが良いのかさっぱりわからりません。
極度のものぐさなんで掲示板一々チェックするのすら面倒なんですよね。
チャットが出来るLSの方が手っ取り早い気がしています。
フェローシップを使いこなしている人はどんなふうに使っているんでしょうか。

またFF14を始めてすぐの段階でフェードアウトしてしまう人もいます。
ある程度やってやる気でないってなったらまあ仕方ないですが、
これはちょっと勿体無いかなと思ってしまいます。
続けてみればドハマリする世界線もあるかもしれません。
まずはメインクエスト進めて、それが終わるまでがチュートリアルって感じです。
クエストは基本ソロ用なんで手伝えませんが、
IDなら誘って貰えれば喜んで行きます。正直行ってIDに同行する利益はほぼないですが、
初心者と行くIDは大好物です。ウキウキでアドバイスしたいですね。
そんな訳でいつでも助ける体勢は整っています。

以上、日々何となく思っている事でした。
布教してゲームを始めてもらうのは難しい事ですが、
そこから更に続けてもらうのもこれまた難しいものです。
なるべく定着するためにプレゼン力を高めておきたいですね。それではまた。

ふぃ
今回はPVPの1種であるザ・フィーストについて
思う所など書いてみたいと思います。
ザ・フィーストは4VS4のPVPで、恐らく最もPVPらしいPVPではないかと思います。
思いますというのは実際にやった事は無いからです。
日々のFLで大分PVPの抵抗感を薄れたと言えども、
今だにやる勇気は無いと言う所です。
どういう所なのか確かめてみたくはありますが、
PVPの零式とも言われています。ちょっと・・・いや、大分敷居は高いですね。

ザ・フィーストについて実態を掴むべくフォーラムを覗いてみましたが、
意見が参考になるならない以前に関連スレが凄く少ない。
レスをしてるのもほぼ同じ人みたいです。
FL関連スレは結構賑わっているようですが、
ルーレットもあり人口が1番多いせいでしょうか。
それからザ・フィーストはマイナスイメージが強い。
色々調べるとザ・フィーストが面白い!という人も居る訳ですが、
それでも初心者の時に☓印を付けられた、等という話が見受けられます。
何というか人口が減って困るのは参加者だと思うんですが、
何故そうなってしまうんでしょうね。

そんなザ・フィーストですが、結構前からeスポーツ化したいという意図が
吉田Pにはあったようです。
最近はそれらしい動きも無いので今はどう考えているかわかりませんが。
思えばFF14はPVPについてかなり力を入れているように感じます。
パッチ毎にPVPアクションをあれこれ調整しているようだし、
PLLでPVPについて解説する吉田Pは心なしかウキウキです。
ジョブ調整の時の難しい顔とは対照的ですね。
まあしかし・・・eスポーツ化は難しいでしょう。無理がある。
バランス云々はやってないのでわかりませんが
MMOのシステムを無理やりPVPに持ってきている感じがあるので、
公式な競技にするのはちょっと、って感じがしてます。
まぁあくまでオマケ的な要素としてなら無しではないかもしれません。

以上、ザ・フィーストについて思う事などでした。
現状だとかなり敷居が高いので、
もうちょっと気軽に遊べるようになると良いですね。それではまた。


↑このページのトップヘ

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.