ヒカセンのおつ狩り様でした。

光の戦士による熱いステマ

参考になったりならなかったりする情報を発信

カテゴリ: ギャザクラ

さて今更ですが行ってきました、オーシャンフィッシング。
目的は勿論サメマウントです。このサメマウントいい感じに厳つくて、
かなり私好みのマウント。是非欲しい。
しかしこのオーシャンフィッシング、海釣りというのんびりしてそうな内容とは裏腹に
その内容たるや複雑怪奇な代物となっております。
特にどの海域でどの餌を使うかなど、とても覚えきれない。
更に幻海流になると使う餌も変わるのでちんぷんかんぷんですね。
そんな訳でツイッターで10000点いかない、とポロッと零したら
フレが手伝ってくれる事になりました。持つべきものはフレンドですね。
ffxiv_20200315_172403_302
そんな訳で先輩漁師にどの餌を使って何を狙うのか教えて貰いつつ、
無事目標の10000点を突破しました。というか称号の16000点まで後少しでした。
今まで一度もなかった幻海流3回も来たし、一気に運が上向いた感じです。
最後の幻海流で目当ての魚がもう少し早く釣れていれば、
セイムキャストでもう1回釣れたんですが・・・非常に惜しかったですね。
ffxiv_20200315_173905_402
そして無事サメマウントゲットしました。
乗り方的にボディボードっぽいですね。
それにしても海釣りの攻略はよくヌシを狙うべしとあるんですが、ヌシは全然釣れない。
ヌシを釣るためのバフが付いてもそこで逃すなんてしょっちゅうです。
これで一体どうやってポイントを稼ぐんだと思っていたのですが、
ヌシではないけどポイントが高い魚を狙っていき、
その結果今回のポイントに繋がりました。
なる程こうやって攻めていくのかと感心しましたね。

以上、オーシャンフィッシングでした。
漁師のレベル上げとしても中々有用だそうなので、
まだカンストしていない人も参加してみては如何でしょうか。それではまた。

ffxiv_20200315_091837_069
さて色々と一区切りついたので、
続きが追加されたイシュガルド復興をやっていきたいと思います。
前回の復興と大きく違うのはディアデム諸島という
ギャザラー用のインスタンスエリアが追加された事です。
ここで採取した素材を使って、クラフトして納品というのが大まかな流れですね。
その過程でギャザラーでも振興券が得られますので、
前回と違ってギャザラーも直接貢献する事が出来ます。
そんなワクワクドキドキな今回の復興ですが、個人的には微妙。
それは何故か?順を追って説明したいと思います。

今回の復興はインベントリを強力に圧迫してくる。
一言で言えばこれです。
まずディアデム諸島の採取ですが、どこで何が取れるのかわかりません。
とにかく片っ端から採取して、ゲージを貯める。
そして敵にバズーカをぶっ放して素材を得るのがここのスタイルです。
バズーカで5種類位素材が出てきて、一見お得感あるんですけど
低レベルの素材がかなり混じるので、それらはどうしようもありません。
LV80レシピ用の素材以外は使わないんですよね・・・

それから検品というシステムがありまして、これがインベ圧迫の一番の原因でしょう。
採ってきた素材はそのままでは使えず、検品して使えるようになります。
ただ10個単位でしか出来ないので、ほぼ端数が出てしまいます。
検品前後では全く異なるアイテムになるので容量がおおよそ倍に。
ただでさえ目的のレシピで使わないアイテムが多数手に入るのに、
検品でさらに膨れ上がってしまいます。
ちなみに検品後のアイテムは売買出来るので、買いで集めて制作、納品する事も出来ます。
と言うか余りに要らないものが多すぎるので途中からそうしてました。

といった感じのイシュガルド復興でした。
とりあえずディアデム諸島はしばらく行くことはないでしょう。
とにかくゴミが多すぎる。そして目的の素材を集中して採取出来ないのもストレスですね。
バズーカをぶっ放して素材をゲット!というのは中々面白いのにとても残念です。
次回の復興に期待したいと思います。それではまた。

さて今更な話ですが、5.2でクラフターアクションの改修が行われました。
工面算段とリユースが削除という一報は衝撃を与えましたが、
実際の所クラフトの難易度はむしろ下がってるのではないかと感じます。
何故なら作業効率を上げるヴェネレーションの追加や、
一部レシピの作業・加工が上がりやすくなっている、という調整が来ているからですね。
それで工面算段が無くなった分が相殺されている・・・
んじゃないかな?と思ってます。まあリユースで稼いでいた人はご愁傷様でした。
ffxiv_20200224_171330_722
さて今回の新式装備作りですが、割と簡単ではないかと思われます。
作業精度は必要数値のギリギリ位でもOK。
加工については抹茶HQで盛った2347で素材が全てNQからでもいけるぐらいです。
マテリア禁断は主・副道具はどっちもしておらず、
それ以外もガチガチ5禁でなくとも大丈夫でした。
というか今の時期ならもう完成品買ってもいいぐらいかもしれないですね。
かなり安くなってきているようです。

今回の零式に挑む準備として、全身新式用意して5禁もやっておきました。
今更ですけどパッチ前にマテリアを準備しておければ万全でしたね。
メガマテ交換アイテムは300個程持ってましたが、
それでも足りずに買い足すハメになりました。
ただ零式でボスの体力残り0.1%に泣きたくなければ、
ここで抜かりなく準備をしておきたい所です。
本当ににそんな事あるのか?と思われるかもしれませんが、
あそこでちょっとでも手を抜いたらクリア出来なかった
と思う場面は今回もありました。後悔のないように準備をしておきましょう。

以上、5.2のクラフター事情でした。
なんだかんだで前と同じような感覚でクラフトできそうな感じです。
それではまた。


ffxiv_20191118_165716_553
イシュガルド復興ですが、大体取りたいものは取ったので
しばらくお休みという感じになりそうです。
そこでこれから始める方の為にノウハウ等書いてみたいと思います。
まずこれはクラフターLV20から参加出来ます。
全部カンストしている人より、LV上げ中という人の方が旨味があるでしょう。
経験値がおいしいのでレベリングにうってつけです。
ただ現状ではギャザラーは単に素材を集めるだけで、納品は出来ません。
なので振興券を稼ぐ事は出来ず、特に経験値がおいしい訳でもありません。
復興用アイテムの素材は取引可能なので買って進める事も出来ます。

それから全部カンストしているという人は
どのクラスでも納品出来ますし、報酬に差はありません。
納品用アイテムのレシピは必ず
復興用の素材8個を3種+何かの素材1種という構成になっています。
この素材1種の入手何度で大分難易度が変わってきます。
例えば革細工は布になるのですが・・・
裁縫を上げた人なら布の量産なんてやってられないとわかるでしょう。
かなり数作るので、それを見据えたチョイスをしたいですね。
まあとっくに既出ですが錬金か調理師がオススメです。
錬金は黄金蜂蜜、調理はレイルの笹身なので調達が楽です。
目敏い人は実装初日にこれらの素材を買い占めていたようですね。
使う数は蜂蜜が1 笹身が2なので、それらを考慮して買うかどうか決めると良いでしょう。

そして全カンストしてる人にとっての復興ですが
報酬は振興券のみなので、旨味が少ないと言えば少ないです。
振興券で交換出来るアイテムは買えるものがほとんどなので、
ギルで解決するのもアリでしょう。
吉田Pによればギャザクラのエンドコンテンツと成るのは
今後のアップデートでという話です。
ですので今後どうなるのか情報をチェックして行きたいですね。

以上、イシュガルド復興の進め方でした。
改めて整理すると、確かに全カンストしてるプレイヤーにはあまり旨味が無いコンテンツですね。
もっとどんどん納品したくなるような仕掛けが欲しい所です。それではまた。

ffxiv_20191116_221305_339
さてイシュガルド復興FATEですが、もうそろそろ終わりが近かったので
今度こそは見逃すまいと参加して来ました。
昨夜の22時頃という、初めて無理のない時間に発生しましたね。
ワンダラーは居なくなりましたが、それでも結構な人数・・・
これはやはり入れなくなった人も居そうです。
自鯖民だけでもこうなってしまう位なんですね。
初回は何が何だか良くわかりませんでしたが、今回はどこが変化したのか
確認しておきました。ずばり篝火が付きましたね。
・・・最初っからそれぐらい付けとけよっていうのは野暮ってもんでしょうか。
ffxiv_20191117_061716_315
ffxiv_20191117_061858_999
ffxiv_20191117_061911_308
さてそっから8時間後の早朝6時過ぎ。またしてもこんな時間になってしまいました。
これ本当にどうにかならんかな・・・
今回は建物をトンカントンカンしてたんで、何が変わるのか大体予測付きましたね。
仮設テントようなものが出来上がり、あと掲示板がちょっと豪華になりました。
ちなみにこのFATEですが、別にPT組んでやる必要は無いみたいです。
3箇所回って1回こなすのを4回やれば金評価という扱いになるっぽいですね。
しかしまあどうやら復興が1区切りして、FATEはしばらく無さそうですが・・・
本当に5.2までこのままなんですかね。多分あと2ヶ月位先になると思うんですが。
ffxiv_20191117_082205_972
復興途中の様子も目に焼き付けておきたかったですよ。坊っちゃん。
イシュガルド復興については今後どうなっていくのか?
という展望を運営から聞きたいですね。
今回のユーザーからのフィードバックを元に、
よりよいコンテンツにしてもらえればなあと思います。それではまた。

↑このページのトップヘ

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.