ヒカセンのおつ狩り様でした。

光の戦士による熱いステマ

参考になったりならなかったりする情報を発信

カテゴリ: モブハント

現状でILが一番高い防具はアルファ零式で手に入るオメガシリーズなのですが、
もう一つ創世で交換出来るスカウェア装備を強化したスカウェアRE装備があります。
スカウェアREはエンドコンテンツをやらない人でも入手出来て、
更に今なら強化も可能です。
パッチ4.56で創世の週上限が450→900に引き上げられました。
ただ上限が上がっただけで、手に入る数が増えた訳ではないので
上限までいくには今まで以上に気合を入れて集める必要があります。
今回はその方法について書いていきます。

ffxiv_20190420_135451_813
まずモブハント。1体につき創世10で12体回る事が出来れば
1回のツアーで120入手出来ます。
更にセントリオ記章を交換する事でスカウェア装備の強化素材を、
不活性クラスターを交換する事でハイマテリジャを貰えます。
モブハントをやっていればスカウェア装備の交換・強化・ハイマテリジャの調達
これらを全てやれてしまうわけです。これだからモブハントはやめられない・・・

続きましてエウレカのNM狩り。個人的には今これがトレンディ。
素材とかEL上げのために行ってたのですが、創世も結構貰えるんですよね。
パゴスだと1体あたり20前後くらい?だったかと思います。
NM狩りに行けるまで進めないといけませんが、
それさえ出来ればかなり楽に集められます。

最後に定番のエキスパートルーレットです。
ルーレットの報酬と道中の報酬全部合わせて大体創世120くらいだったかと。
現在の対象はギムリトダーク、ザ・バーン、聖モシャーヌhardの3つのIDです。
モシャーヌHはまずノーマルをクリアしないと開放できないので、
先にそちらからやっていきましょう。
ギムリトダークとザ・バーンはどちらもメインクエストで開放されます。

以上 個人的にオススメな創世集めでした。
5.0でキャップがLV80になるのでLV70装備が型落ちとなるのもそう遠くはないですが、
今までの感じで言うと大体73~74くらいまで使えると思われます。
アップデート後のコンテンツをいち早く楽しむためにも
スカウェアRE装備を集めておくと良いでしょう。それではまた。

モブハントに参加していて、到着がPTメンより遅れて
攻撃出来なかった あるいは攻撃出来たけどギリギリだった
という経験は無いでしょうか?
モブハンに参加しているとたまにそういう人が見受けられますね。
モブが出現するポイントによっては、ちょっと最短ルートがわかりにくい所もあります。
人が多いピーク時では最悪ちょっと遅れると殴れなくて報酬が貰えないなんてことも・・・
そんな事にならぬように今回はそういうポイントを見ていきたいと思います。

ffxiv_20190413_113722_395
まず遅れる人が多いのがここ無二江流域の南西部。
一見するとナマイ村のエーテライトが近そうですが・・・

ffxiv_20190413_113635_845
ドマ町人地へ飛んで、無二江流域へ出ればすぐです。
あらかじめドマ町人地内のエーテライトを全て開放しておけば
こちらへすぐ出られます。

ffxiv_20190413_113545_780
さて次はギラバニア山岳地帯のラストフォレスト北西部。
やはりこちらもアラガーナから向かうのでは時間がかかりすぎてしまいます。

ffxiv_20190413_113235_050
ここでの最短ルートはラールガーズリーチから
ギラバニア山岳地帯へ出る事です。出てすぐが出現ポイントになります。

ffxiv_20190413_114245_594
最後にサカズキ島周辺です。
ここへ行くにはクガネに飛んで紅玉海方面に出ても良いですが・・・

ffxiv_20190413_114415_227
オノコロ島へ飛んで海賊衆の船頭に運んでもらうのが
一番早いでしょう。30ギルで運んでもらえます。

以上 テレポで飛ぶ先を間違えると遅れやすいポイントでした。
せっかくPT組んで初めから参加してるのに、
遅れて参加出来ないのではとても悲しいですよね。
早め早めの集合で良きモブハンライフを。それではまた。

ffxiv_20190330_122752_168
つい先日モブハントツアーへ行ってきました。
あまりフィールドが賑わう事の無いFF14ですが、この時ばかりは
1体のモブに沢山の人が群がります。
参加者が多い時などは表示限界に達してモブが見えなくなってしまう程ですね。

尚 ここで言うモブハントとは
紅蓮エリアの12体のAランクリスキーモブを狩っていく事を指します。
特にクエスト等受ける必要はありませんが、紅蓮エリアの各地を周るので
紅蓮のメインクエストを進めておくことが必要です。
また速やかに移動するために、風脈を全て開放して飛行可能にしておく必要もあります。
そして事前準備としてもう一つ肝心なのが、リスキーモブについての情報を得る事です。
このあたりはサーバーによって事情が異なるでしょうが、
私が所属しているmasamuneではモブの探索とツアーをどこから始めるか
発信してくれているLSがあります。そういった所に所属するのが良いでしょう。
現地へ着いたら「誘ってください」等シャウト。即席PTに拾ってもらいましょう。
あまりシャウトし慣れない人も居るでしょうが
ここは恥ずかしがらずに思いっきりシャウトして下さい。
ソロではほとんど報酬を貰えませんので、ここでPT組めるかが肝心な所です。
シャウト1回では漏れる事も結構あるので、その時は2回3回としましょう。
勿論自分が募集主になっても構いません。その時はシャウトしている人を拾っていきます。

ではモブハントの報酬ですが、これがとてもおいしい。
結構な人数が参加しているのは、やはり報酬が魅力的であるからかと思います。
詩学・虚構・創生のトークン セントリオ同盟記章 不活性クラスター
これらのアイテムが入手できます。
記章は戦闘系ハイマテリジャや創生装備の強化アイテム
クラスターは任意の戦闘系ハイマテリジャと交換出来ます。
ハイマテリジャは自分で使うのも勿論ですが、金策としても有用。
現在価格が若干下がり気味とはいえ、常に一定の需要があるアイテムですね。

といった感じのモブハントでした。
こう書くといいことだらけのようですが、当然ながら自分の任意のタイミングで
スタートする事は出来ません。
たまたま席を外していて参加できなかった・・・という事が起こり得ます。
大体モブの沸く周期は6時間程なので、次はいつ頃か見当付けておくとよいでしょう。
また私の場合、モブハンLSのチャットが流れた時にSEを鳴らしています。
こうする事でPCの前にいる時は、情報を逃さないようにしていますね。
モブハントは一度流れがわかればとても簡単なので、トークン集めや金策にオススメです。
是非一度お試しあれ。それではまた。

↑このページのトップヘ

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.