ヒカセンのおつ狩り様でした。

光の戦士による熱いステマ

参考になったりならなかったりする情報を発信

カテゴリ: アップデート

ffxiv_20191210_194509_055
さて何だかんだで青魔道士のアップデートを結構楽しみにしていたので、
さぁまずはジョブクエからやるぞ!と向かった訳ですがご覧の有様。
前のジョブクエ全部終わってませんでした。
大分間が空いてるのでいまいち内容も思い出せません。
アポカリョープスって誰だっけ・・・
マスクカーニバルで出るらしいので、まずはそっちからやっていく事にしました。

マスクカーニバルは全部で25のお題からなっており、
アポカリョープスは最後の25。
自分の進行度は11までしか進んでませんでした。きっとここで飽きたんでしょう。
なのでとりあえず続きからやっていく事にしました。
ここで既におかしな事になっていますが、
当の本人である私は全く気付いていませんでした。
そう アポカリョープスと戦うのに別に途中をクリアする必要は無かったんですね。
1~2時間くらいムダにやってた気がします。本当に難しいマスクカーニバルのお題。
ちなみに25番は予習して一発でクリア出来ました。
ffxiv_20191210_234244_290
それからLV上げをしてさくっと60まで上がりました。
この短期間で上がったのは勿論パワーレベリングのおかげです。
およそ30分で上げきったので文句なしの効率でしょう。
問題は何の見返りも無いけど手伝ってくれる、
聖人のようなフレンドが必要な事です。本当に感謝ですね。

以上、青魔道士のアップデート初日の成果でした。
マスクカーニバルでぐだぐだやってたので、あんまり進みませんでした。
次はラーニングを進めて、青魔道士ログにもチャレンジしてみたいです。
それではまた。

あお
今週のリセット日の事ですが、
過去のパッチ間隔から言ってそろそろ5.15が来るんじゃないかと思ってました。
5.15と言えば主に青魔道士関連のアップデートです。
正直言って物凄く期待しているという程でもないですが、
それでも今のマンネリ化している現状に一石を投じる事になるのではないか?
と思っておりました。そしてリセット日、5.15が
来ないんかーーーーーーーーーーい!
まだでした。久々にプレイヤーがフィールド狩りをする姿を見られるんやろなぁ・・・
って考えてた所でしたよ。

まあ次のリセ日こそ来るだろうと思います。
準備出来る期間が出来たと思っておきましょう。
差し当たってはキャップがLV60になるのでイディルシリーズでも
揃えておくと良いかもしれません。
出来れば早いうちにLVを上げて装備を整えておきたい所です。
青魔道士ログという新しい遊びが出るようですが、
パッチ直後の流行を逃すと人が居なくなってしまう感じがしますね。
皆がやっているうちにその波に乗るのが良さそうです。

さてアップデートと言えば12/14の生放送で第56回PLLが予定されています。
パッチ5.2の内容も当然気になる所ですが
私としては5.11のイシュガルド復興について、運営の見解を聞きたいと思ってます。
一連のユーザーの反応を見てどう思ったのか?
今後も同じスタイルで続けていくのか?
言ってしまえば色々改善して欲しいなあとは思うんですがね。
個人的には納品やFATEがつまらないとかは別に良い。
ギャザラーが5.2まで納品が出来ないっていうのも良い。不満な人は居るでしょうが。
ただやりこみ甲斐のあるコンテンツにして欲しいですね。
もう終わり?って感じだったし・・・
エンドコンテンツの名に相応しい内容になればなあと思います。

以上、まだ来ない5.15でした。
それではまた。

ffxiv_20191030_195156_445
無事メインクエストも終わったので、
お次はニーアコラボの24人レイドの複製サレタ工場廃墟に行ってきました。
もう既にご存知の人も多いでしょうが、
報酬で2Bの衣装が手に入るらしいとの事。
しかも箱で一式手に入るので、部位ごとにロット勝負する必要はありません。
これはひょっとしてすぐ手に入るかもしれませんね!
ffxiv_20191030_201251_298
さてネタバレしない程度に道中の様子など
つらつら書いていきます。
新実装の24人レイドという事で、床ペロ祭りになるかと身構えておりましたが
そうでも無かったです。1回もワイプする事無く終える事が出来ました。
私はと言いますと、全くの初見でしたが1乙で済みました。
まぁ他にも危ない場面はありましたが・・・
周りをキョロキョロしながらのピクミン法が
成果を上げたと言って良いでしょう。まだ実装から2日目ですが、
周りの人々は慣れていてもう何週もしているかのようでした。不思議ですね。
にーあ
白々しい言い方をしましたが、言うまでも無く原因はコレです。
最後の報酬で箱が3つ出る訳ですが、それを24人で殴り合いです。
90後半を出さないと最早勝負にならないという魔境と化しております。
衣装出ましたという報告が次々と上がっているので、割と取れるのかな?
何て思ってましたがとんでもない。初日に取れた人は相当ラッキーです。
これがまた入手してもまたロット出来るので、取りやすくなる未来が見えません。
取ったんなら譲ってくれよと言いたいですが、システム上そうなってるので仕方ないです。
まあリテイナーに着せたいとか、お得意様に着せたいという人も
居るかもしれません。オレはどうしてもカイ・シルに着せたい!
という人だって居るかもしれません。

以上、2B衣装をめぐる仁義無きロットバトルでした。
何だか各ジョブの胴装備とか割とどうでもよくなってしまいましたね。
タンクの胴にロットしましたが、誰も見向きもしないのであっさり取れてしまいました。
と言うか既に装備は取っていて、2B衣装目当ての人ばっかりだったのかもしれません。
私も2B衣装が欲しいので回すつもりですが、
果たして入手出来るのはいつになるやらって感じです。それではまた。

ffxiv_20191029_191325_961
いよいよやってきましたパッチ5.1。
19時にメンテ終了という事で早速インしましたが、およそ900人待ち。
時間が経てばもっと増えたかもしれませんね。
まずインするとメンター資格の更新について通知がありました。
メンター条件が変わって更新が必要になっています。
さて5.1が始まりまず何をするべきか・・・?
メインクエストをやっていくのも良いですが、
それよりもやっておいた方が良いと思う事があります。
ffxiv_20191029_191701_578
まあまずは蛮族デイリーの開放からかな、
と思いました。デイリーですから、当然今日の分もあります。
早めにスタートさせたいですね。
開放場所はクリスタリウムの居住区付近です。
なおハウジング争奪戦についてはこの記事が出ている時点で
とっくに決着が付いていると思われますので、割愛します。
何よりもPCと回線のスペックが試された事でしょう。
ffxiv_20191029_193713_072
PLLで遊園地のようになっていたエリアですが、
まだ何もありません。WinXPの壁紙みたいな状態です。
友好度上げてシナリオが進めば賑やかになるんでしょうかね。
ピクシー族の蛮族デイリーはイルメグのエリアで行われます。
もしまだ風脈を開放していないなら、しておくべきでしょう。
交換出来るものをちょっと覗いてみましたが、
現状ではメガ・エクスマテリジャのみのようです。
今までのパターンから言って、友好度が上がればマウント・エモート・ミニオン
このあたりを入手出来ると思われます。楽しみですね。

以上、まずは蛮族デイリーからという話でした。
LV70~79のジョブがあれば経験値稼ぎにも役立つので
それぐらいのジョブがあればそれで進めると良いでしょう。
それではまた。

ffxiv_20191027_161348_598
時が経つのは早いもので、5.1はまだまだ先だなと思ってても
いよいよ明日という所まで迫ってきました。
明日のメンテは13:00~19:00までとなっています。
今更ではありますが、有給を取るなら水曜がベストですね。
さて5.1のアップデートまで多くの人が今日が最終日となる事でしょう。
やり残した事は無いか今のうちに確認しておきたいですね。

まずモグモグコレクションのイベントですが、
パッチ5.1までが期限なので今日で終わりです。
景品の交換は忘れずにやっておきましょう。
せっかく貯めたトークンも期限が過ぎればゴミになってしまいます。
それからハウジングについて、多くの人の待望であろう
土地の追加が実施されます。
速攻で土地を確保したいと人はかなり居ると思うので、
明日19時から争奪戦に参加出来るように準備を整えておくのも良いでしょう。
なおまずはFCハウス用の土地が優先で、個人用はその後になるとの事です。

そしてクラフター大改修により
マクロは動かなくなるし、スキル回しも変わってきます。
一時的にではありますが機能不全になると言って良いでしょう。
今のうちに作りたいものがあれば作っておいたほうが良いですね。
しかし絶蛮神で大量に使うであろう飯や薬ですが、
焦って作る必要も無いのではないかと思っています。
5.1でまずメインクエストの実装、それから少し間をおいて絶の実装という感じですから
それまでの間にスキル回しが確立されるのではないかと考えています。

以上、5.1までにやっておいた方が良さそうな事でした。
いよいよ5.1の実装です。楽しんでいきたいですね。それではまた。

↑このページのトップヘ

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.