ヒカセンのおつ狩り様でした。

光の戦士による熱いステマ

参考になったりならなかったりする情報を発信

カテゴリ: 漆黒のヴィランズ

ffxiv_20200310_235127_035
エデン共鳴編零式も4層の断章は8個手に入りまして・・・
まあわかりやすく言うと最強武器と交換出来るだけ溜まったので
これを1つの区切りとして零式消化はもういいかなって感じです。
そんな訳で結構な回数やってきたので、1層から順に振り返ってみたいと思います。
まず1層から。初回クリアは割とすぐで簡単と言ってもいいでしょう。DPSチェックも緩め。
しかしながら消化で意外と手こずるのも1層。なめてかかると20~30分かかってしまいます。
というのも誰かの1ミスで即ワイプというのが多い為ですね。
特に14チャージボルトはうろ覚えのヒカセンを殺しに来るので注意。

そして2層ですが、1層よりむしろこっちの方が苦戦しないイメージです。
死人は結構出てる感じがしますが、全体のILが上がっていれば
割とゴリ押しでも何とかなる感じです。
次に3層。ここは恐らく一番苦戦しないと思われます。
消化では大体1,2回で突破出来ていました。
ギミックをパターン化出来ているのが大きいですね。
PLLで吉田Pが当初はすべてランダムだったと発言していますが、
もしそうだったら阿鼻叫喚の魔境になっていた事でしょう。

最後に問題の4層です。今だに4層のみ消化の募集がよく立っている辺り、
消化でもまだまだ難しい事が伺えます。
1-4層通し消化の募集は4層イケるかが最大の焦点となります。
乱立していた攻略法は概ね統一されてきているので、
今はあまりそこらへんで悩む事はなさそうです。
が、とにかく火力足りるかが最大の問題になります。
もう相当たってますが、火力余裕という野良PTがあまり見たことがありません。
1-3で火力が全然余裕なのに、4層だと途端にきつくなるというのはよくある話ですね。
またギミックも前半で躓く事もしばしばで、
コンプリート済・コンプリート目的という、
いわゆるコンコンの募集の意味を考えさせられる階層です。
最低1回はクリアした人が集まるはずなのに、
何故練習レベルの内容になるのか?これが分からない。

私は高難易度コンテンツの中でも零式がやはり好きですね。
難しいレイドをこなすと強い装備がもらえるというわかりやすさがいい。
次のパッチまでまだまだ時間があるので、
これから零式に挑んでも良いのではないでしょうか。それではまた。

ffxiv_20200310_235127_035
さて今回はやたら乱立している零式4層の攻略法について
話してみたいと思います。詳しく話すとキリがないので、まぁざっくりと。
私がベストだと思う攻略法はずばり
DD外暴走あやとりぼよん色固定12無敵 です。
何かの呪文かはたまた暗号か?という感じですがれっきとした攻略法です。
では順番に見てみましょう。
まずDDですがこれはダイヤモンドダストの略です。
4名にAOEが飛んでくるので、それを外周か内周に捨てるというものですね。
ManaDCではDD外がほとんどですが、正直どっちでも変わらないと思います。

そして次は光の暴走の処理方法ですが、大体あやとり式かミルン式の選択になります。
個人的にはあやとり式を強く推したいですね。
一時期ミルン式も身に付けた方がいいかなと思って動画見て、
それで思いました。これは事故るな、と。
ミルン式が早期組の攻略に大いに貢献した事は認めます。
早期組がミルン式でやって行きたいのもわかります。
しかし野良8人でやったら事故る予感しかしないです・・・
出せる火力も別に大差ないと感じますので、やはりあやとり式推しですね。
最近では大分あやとりが増えてきて嬉しい限りです。

次にぼよんというのは後半の緑鏡・赤鏡からノックバックが飛んでくるフェーズの事です。
MTが緑、STが赤を先頭で受けるので色固定と言われます。
ノックバック無効を使わずに素直に飛ばされるのがこのやり方です。
また赤固定というのもありまして、これはMT赤と決めておいて
1回目をノックバック無効で受けるやり方です。失敗したら落ちます。
そして更に2回ともノックバック無効で受けるのをアーサーと呼びます。
成功すれば殴り続ける事が出来ますが、当然ながらアムレン等のタイミングが
よりシビアになります。失敗したら落ちます。
野良では色固定でも崩れがちなこのフェーズ、
リスクの高いやり方でやろうとはとてもとても思えません。色固定推しです。

最後12無敵について、じゅうに無敵受けではなくいち、に無敵受けです。
これは最終フェーズの処理でタンクに頭割り攻撃が2種類飛んでくるのですが
その中でもモーン・アファーを無敵受けする事を意味します。
1回目MTが受けて、スイッチしてSTが受けます。
アク・モーンを無敵受けするやり方も前はあったようですが、今はほとんど見ません。
以上4層の暗号みたいな攻略法についてでした。それではまた。

さて今更ですが行ってきました、オーシャンフィッシング。
目的は勿論サメマウントです。このサメマウントいい感じに厳つくて、
かなり私好みのマウント。是非欲しい。
しかしこのオーシャンフィッシング、海釣りというのんびりしてそうな内容とは裏腹に
その内容たるや複雑怪奇な代物となっております。
特にどの海域でどの餌を使うかなど、とても覚えきれない。
更に幻海流になると使う餌も変わるのでちんぷんかんぷんですね。
そんな訳でツイッターで10000点いかない、とポロッと零したら
フレが手伝ってくれる事になりました。持つべきものはフレンドですね。
ffxiv_20200315_172403_302
そんな訳で先輩漁師にどの餌を使って何を狙うのか教えて貰いつつ、
無事目標の10000点を突破しました。というか称号の16000点まで後少しでした。
今まで一度もなかった幻海流3回も来たし、一気に運が上向いた感じです。
最後の幻海流で目当ての魚がもう少し早く釣れていれば、
セイムキャストでもう1回釣れたんですが・・・非常に惜しかったですね。
ffxiv_20200315_173905_402
そして無事サメマウントゲットしました。
乗り方的にボディボードっぽいですね。
それにしても海釣りの攻略はよくヌシを狙うべしとあるんですが、ヌシは全然釣れない。
ヌシを釣るためのバフが付いてもそこで逃すなんてしょっちゅうです。
これで一体どうやってポイントを稼ぐんだと思っていたのですが、
ヌシではないけどポイントが高い魚を狙っていき、
その結果今回のポイントに繋がりました。
なる程こうやって攻めていくのかと感心しましたね。

以上、オーシャンフィッシングでした。
漁師のレベル上げとしても中々有用だそうなので、
まだカンストしていない人も参加してみては如何でしょうか。それではまた。

ffxiv_20200315_091837_069
さて色々と一区切りついたので、
続きが追加されたイシュガルド復興をやっていきたいと思います。
前回の復興と大きく違うのはディアデム諸島という
ギャザラー用のインスタンスエリアが追加された事です。
ここで採取した素材を使って、クラフトして納品というのが大まかな流れですね。
その過程でギャザラーでも振興券が得られますので、
前回と違ってギャザラーも直接貢献する事が出来ます。
そんなワクワクドキドキな今回の復興ですが、個人的には微妙。
それは何故か?順を追って説明したいと思います。

今回の復興はインベントリを強力に圧迫してくる。
一言で言えばこれです。
まずディアデム諸島の採取ですが、どこで何が取れるのかわかりません。
とにかく片っ端から採取して、ゲージを貯める。
そして敵にバズーカをぶっ放して素材を得るのがここのスタイルです。
バズーカで5種類位素材が出てきて、一見お得感あるんですけど
低レベルの素材がかなり混じるので、それらはどうしようもありません。
LV80レシピ用の素材以外は使わないんですよね・・・

それから検品というシステムがありまして、これがインベ圧迫の一番の原因でしょう。
採ってきた素材はそのままでは使えず、検品して使えるようになります。
ただ10個単位でしか出来ないので、ほぼ端数が出てしまいます。
検品前後では全く異なるアイテムになるので容量がおおよそ倍に。
ただでさえ目的のレシピで使わないアイテムが多数手に入るのに、
検品でさらに膨れ上がってしまいます。
ちなみに検品後のアイテムは売買出来るので、買いで集めて制作、納品する事も出来ます。
と言うか余りに要らないものが多すぎるので途中からそうしてました。

といった感じのイシュガルド復興でした。
とりあえずディアデム諸島はしばらく行くことはないでしょう。
とにかくゴミが多すぎる。そして目的の素材を集中して採取出来ないのもストレスですね。
バズーカをぶっ放して素材をゲット!というのは中々面白いのにとても残念です。
次回の復興に期待したいと思います。それではまた。

ffxiv_20200310_235127_035
この前のリセット日の事ですが、
ようやく零式4層を野良でクリアしました。
クリアした時の状況は本当にギリギリで、時間切れ詠唱が完了するのと
ほぼ同時くらい。終わってみれば何人かペロってたし相打ちに近い状態でした。
ギミックの難しさ、DPSチェックのキツさなど4層に相応しい難易度ですね。
今回は歴代4層の中でも難しい4層と言われてるみたいです。
実装から4週目にも関わらずこの難しさなんで、さもありなんという感じです。

4層はよくDPSチェックが厳しい、というのがクローズアップされがちですが
ギミック処理も当然のごとく難しいです。
攻略動画を何度も見返して、実際に何時間も練習して
それを繰り返してやっと身に付きました。
それから野良でやる上で厄介なのが乱立する攻略法。
あやとり式、ミルン式、DD外・内、ぼよん色基準、アムレン使用etc
詳細は省きますがパッと思いつくだけでもこれだけありまして、
細かい所を言うと更に雑魚フェーズの線取りがMT→ヒラだったりヒラ→MTだったり
そもそも基本散開が全然違ってたり・・・
まぁとにかく色んな方法があり、未だに統一される気配はありません。

そしてある意味最大のギミック処理となるのがDPSチェック。
ある程度装備更新が進んでいる4週目なのに本当にギリギリでした。
初週に比べたら格段に楽になっているはずなんですが・・・
w1sを競うチームですらDPSチェックで詰まったというのだから相当ですね。
目安として前半終了時にHP70%ならクリアラインであるようです。
実際にクリアした時は前半70%、雑魚処理でバフ付与
その後死者0、ギミックミス無しでギリッギリ
でした。本当に厳しい。
クリア目的のPTでは前半70%いけるなら、しばらくその面子で粘ってみても良いでしょう。

以上、零式4層についてでした。
とにかく攻略法がバラバラなのがつらい所ですね。
あやとり式かミルン式はどちらかの選択なんですが、
私はあやとり式しか出来ません。あやとりの方が事故らないと思うのですが、
先行組がミルン式だったのでそちらの人気が根強いようです。
クリア出来たものの、次の消化がちょっと心配です。それではまた。

↑このページのトップヘ

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.